葉酸の過剰摂取による副作用はホントと曖昧な情報に注意

葉酸は体内で必要なビタミンB群の1つだからいいことばかり!こりゃ飲まない理由は無いな・・・。基本私も同意で妊娠前から出産後まで飲む葉酸サプリは早めに決めておいたほうが良い派です。出産はビックイベントでわが子の為に情報を事細かく調べるのが母、父であれば当然。そこで、たぶん葉酸の副作用を気になって調べたどり着いた方にわかりやすくお話をできればと。

葉酸の副作用はほとんど1日1mgを継続摂取した場合の話

赤ちゃんに対して一番気になる神経症状のリスクに強い葉酸の話は葉酸サプリはいつから?妊婦向け葉酸ランキングも徹底調査のページ下部の方で触れているとおり、葉酸欠乏になった時に体に現れるリスクの方があきらかに怖いです。 世界中で、特にアメリカやイギリスでは日本よりも先行して葉酸を摂る習慣がついたので研究結果や追跡調査の結果報告が多く胎児神経管閉鎖障害の発生は1980年代と90年代の対比で約10分の1に減少した結果が出ており神経症状系の改善率は目を見張るものがあります。

前提として葉酸サプリ等で補う必要があるよ!という強調をしておきますが、なぜ副作用などがあると一部で不安視される意見が出てくるのでしょうか。

これは当然で葉酸を飲んでおけばいいのね、おけー^^ と気軽に何も知らず飲み続けてしまったら過剰摂取になってしまうから偉い人、優しい人がきちんと啓蒙しているからじゃないでしょうか。(あれ私も優しい?)

葉酸は体の中で大事な成分(ビタミン)ですが、私たちの体内にある栄養素ってもちろん他にもたくさんあります。嫌われものの糖質だって実は筋肉を作るとか体を動かすエネルギーとして大事な成分で糖尿病とかって摂りすぎだからなる。これはどんな成分でもそうです。よくビタミンCは体内に貯めることができないからいくら飲んでもOKとか言われていますが、あれも実は腎臓に負担がかかるので過度な摂りすぎは駄目だったりするんです。だから大前提として葉酸だけじゃなくどんなものも適度な量を守る。これは大切。

ただ、葉酸の場合「妊婦」「赤ちゃん」の為に飲む人が圧倒的に多いので敢えて副作用で怖い事もあるから注意しましょう。という話かなと。過剰摂取は絶対にダメでございます。

色んな国々で研究がされていてほとんどの反作用の結果は1mgをしかも継続して摂取した場合の報告。葉酸を飲むと○○になる危険という情報を見た場合は、摂取量をどの期間継続して、また実験対象がどのくらいの母数(人道的に直接実験が出来ないので追跡調査がほとんどですが)なのかは調べたほうがいいですね。

過剰摂取で母体と胎児(生まれてくる赤ちゃん)に与える症状とは?

葉酸サプリも飲み始めて合う合わない等があるのですが吐き気や食欲不振などが起こる場合は医師と相談の上飲むのを辞めましょう。できれば妊活中から飲み始めたほうが良いのも体に問題が無いかを見極めるためにはいいのですがそんなこといっても仕方がないか。

過剰摂取した場合の胎児への影響ですが、小児喘息、呼吸器に障害が出るとオーストラリアの研究機関で報告がありまして妊娠後期の妊婦、対象者数550人で1mgの過剰摂取で30%小児喘息の確立が上がるという報告。もう一度同じような研究をしたら9%だっとか

うーん、敢えて書く必要もなかった?こういった反作用の研究は色んな国で行われているのですが対象者数が少ないんですよね。。。なんというか、例えば「がん」とかの報告なら「がん細胞」が減少したとか分かりやすいんですが、先の喘息に関してはちょっと根拠が甘いですね。

と私も曖昧な感じになってしまいましたが何が言いたいかというと基本的に摂取量は厚生労働省が報告している妊婦480ugを守ろうという事と、根拠があいまいな情報に惑わされるな!ってこと。途中話した通り成分の反作用的な話は注意したほうが良いですが葉酸の副作用的な話はほとんどが過剰摂取をした場合なのです。