産後の悩みNO1?妊娠線と増量体重のボディケア

子供を授かる妊活時は生まれてくるわが子が健康であれば母体は最悪どうなっても良いくらいに考えていたのにいざ生まれてくると子供は天使であることに変わりは無いにしろ…。

そう体の変化がやはり気になります。妊娠線、増えてしまった体重、崩れたバスト(授乳後垂れた等も)母になるとはそういうことだ!と昔の人から言われて納得したらそれまででやはり最低限の抵抗はしたいのが女心という物です。

キレイごとを言えばね崩れた体でも主人が愛してくれればいいじゃないなんてことも巷では言われていますがいやいやぶっちゃけBBAの体よりもねって話でもあるし、実際旦那がどうこうとかいう問題でもないですよね。美しい体は世のアドバンテージ!ここは勘違いでもモチベーションの一つとして女は死ぬまで持っておいたほうが良いというのが持論です。

とはいえ、子供そっちのけで自分の美ばかりに気を遣いすぎてしまうのは愚の骨頂!バランスが難しいですが子供が何よりの宝なのですからそこだけは一番大事な軸にしたほうがいいかと。ま、このあたりは深く書き過ぎると各々の倫理観の違いになってくるからこの辺にしといて妊娠線と太ってしまった後の話をしたいと思います。

妊娠線予防は妊娠中数カ月後&妊娠線ができる原因と体質の差

妊娠線の主な原因は?

体質によって妊娠線の悪化は違うのですが基本的なメカニズムは「肌」の構成要素を知ると理解でき安いです。肌は外から順番に「表皮」「真皮」「皮下組織」という層でできています。よく土の地層で年代が違うとか恐竜発掘TVとかでやってると思うんですが大きなイメージはアレでいいです。原因かというと「真皮」「皮下組織」が急速な肉体の変化に追いつかず亀裂。という流れです。コラーゲン等が「真皮」「皮下組織」を生成する要素なのですがこれらが破壊されてしまうわけですね。それで表面上の「表皮」も裂けるというわけです。急激な体重増加が実質的な原因なわけで、コントロールは非常に難しいですし変なダイエットなんかはすべきじゃいなので体重コントロールをしたい方はお医者さんに相談を薦めます。

対策を始める時期と体質

時期的にいうと妊娠後3カ月頃から始まる方もいるそう(結局は急激な体重増加が主な原因)なのでマザークリーム(妊娠線対策クリーム)は体が変化してきたなという時に検討を始めて良いかなと。

妊娠線対策のクリームはさっきいった「真皮」「皮下組織」に対しアプローチする成分を含んでいたりします。妊娠じゃなくて化粧水とかでもよくコラーゲンを取ろうとか保湿が大事とか言いますが基本市販で売っているクリームはこのあたりと考え方は一緒。

妊婦の方全員ですが、体質的に小柄な方はとかは妊娠線できやすいと言われてますので特にやっておくことに越したことはないかなと思います。

極端に体重増でお腹以外の「胸」「太もも」なども

厚さが変わるだけで皮膚の仕組みは同じでして、妊娠線はお腹以外にもできます。特に妊娠7ヶ月~10カ月くらいになると、ひどい痒みやバストが2サイズくらいアップ等体の変化が顕著になりますね。この時期はたっぷりと保湿をしてあげるのが大事。 あと、同様にお腹だけでなく、太ももや胸なども気にしてあげるといいですね。

ダイエットとは別に出産後も引き締めの為にボディクリームを引き続き使っていくことが大事かなと。

妊娠線予防と出産後の消えないできてしまった妊娠線を消す1つの方法

無事出産し妊娠線のケアを行っていなかったが故にくっきりとお腹、太ももなどに妊娠線が残ってしまった。こういう場合ボディークリームで元に戻すのは極めて難しいといわれています。

予防→早期発見→後期発見→末期 

という順番で、予防する事が一番の対策でコストもかからないんですよ。

癌なんかが良い例で日本人は保険に入りたがるけど予防医学も結構進んでいるわけでなぜ予防をしないんだってね。ブライダルチェック・性病検査も同様に早め発見であればあるほどイイし無視しておくと赤ちゃんにも影響が出ることがありますから、とにかく予防っていうのは妊娠線に限らず、先人が開発した知恵袋だよね。これを活用しない手は無いかなと。

で、妊娠線ですが出来てしまった方は最終手段として、レーザー治療でできてしまった妊娠線を消すしか方法は無いかなと。

「運動VS楽をする」産後ダイエットみんなはどうしてる?

出産後、産後ダイエットで断食を薦めているサイトを見かけますがアレどうかな~って思うんですよね。まあ、ほんと人それぞれですし断食自体が悪いわけではない。でも、産後って子育ての始まりで母乳を赤ちゃんにあげる母体はやはり引き続き健康でなければいけないですよね。断食できちんとした栄養がない状態はさけたほうが良いかなって。

骨盤をの歪みを整え適度な運動が最強説!

食事制限をまったくするな!とはいいません。過度な食事制限は…と言いたいだけで産後にすべき対策で理にかなったものから摂り入れていくのが吉かなと。

そこでまず第一に上がってくるのが骨盤!「骨盤」は産後、通常時よりもゆるくなっていており、1年ほどで正常に戻るのが一般的な定説(個人差はあるでしょう)です。産後すぐ~2カ月くらいはやわらかく負担をかけられない状態になっているので3ヵ月目くらいからプロに任せるのが一番かなと思います。

骨盤を整えることで間接的に運動も適切適度に行えますし表面的な姿勢もさることながら、内臓の位置が正常になり栄養素の吸収もよくなるとか言われていますね。健康は骨盤からといっても過言ではない?と思います。

妊婦でなくても骨盤矯正は一次ブームがきて去ってしまいましたが一次的なその場しのぎのダイエットとは根本が違う物です。自分でケアするのもいいですが、余裕があるならプロに頼んだほうが良いかなと思います。妊婦の場合10月10日妊娠していた体の感覚などの関係もあるでしょうし、骨盤が元に戻った感覚がわかりずらいと言われているからです。

「昔は痩せていてキレイだった母」と「え?50代なのにこんなにキレイなボディライン!娘さんなの?姉妹かと思ったわ」のどちらをとるかって、意外とこの出産後どういう努力するかにかかっていると私は思うんですよ。一回、堕落しちゃうともうそこでもういっかー子供うんだしってなっちゃうと…。ってね。まあ妊娠線は普通にできることをやってできちゃったら仕方がないんですがダイエットはほんとその人次第というところがあるので。