子作りする前に!?男性もパートナーと葉酸摂取は男前の条件!

葉酸の説明の前に男の妊活サプリは「マカ」「葉酸」「亜鉛」どれを選ぶ?でも紹介してるんですがマカ、葉酸、亜鉛と総合力高いサプリが合ったのでここでもお勧めしておきます。

「ぶっちゃけた話、葉酸単体よりも↑のほうが男性がとるサプリに関しては良いと思うので説明面倒なら↑にしておいていいかなとは思います。

男性も葉酸を子供を作る3カ月前くらいから摂取したほうが良い理由は他方で語られていますが、なぜ?と思う方もいると思うのでまとめましたよ。

詳細は以下に書いてますが精子が食事などから生成されるまでにかかる期間が3カ月くらいかかり葉酸を飲むことにより生まれてくる赤ちゃんの障害リスクを減らす可能性があるからが理由です。リスクというのは染色体異常をもった精子と若しくは卵子どちらか異常な状態での受精を指します。研究論文は少ないのですが可能性として(参考には)は多いにあるので男性も葉酸を意識して摂っておいた方が良いと思う派の私の意見です。

なる早、できれば3カ月前からパートナーと一緒に葉酸サプリ(おすすめをこちらのリンク先で紹介してます)を意識して摂る事が大事かなと。女性よりも男性は妊娠に対しての意識を持つことが大事ですね。葉酸をきっかけに気づくことも多いと思います。ベルタ葉酸サプリで男性もという話がでてますが意識をすれば、サプリの人から話聞くだけでも理解になると思いますし。

あと、うつ病、育毛にも?という話をちらほら見かけるので男性はそこ目的で摂取しようとしている人もいるのでこれはあくまでも個人的意見ですがそのあたりも書いてみました。

解説聞くのメンドイ方は葉酸サプリランキング(成分チェック済み)をどうぞ

ではどうぞ。

男性の染色体異常と一般的なリスクとは?

「染色体異常が原因」のリスクとは?よく高齢出産で染色体異常が多いなど目にすることがありますね。実際年齢によるものもあるでしょうが、妊娠、受精などは学生の頃誰もが授業で受けていると思うので、正常な染色体同士が受精すれば問題はないということ。

ダウン症や流産のリスクなどは染色体異常によるものだとも言われていますね。

母体(卵子)も精子も健康な状態であれば言うことはありませんが、健康な男子でも精子の数パーセントにこの染色体異常の精子を抱えていると言われています。

母体(卵子)も精子も健康な染色体同士が合体すればいいのですが、片方が染色体異常を持っていると危険性は高まるわけですね。できるだけこういったリスクを減らすにはどうすればいいのか?という視点でも実は葉酸は注目を浴びています。

ブレンダ・エスケナジさんというカリフォルニアバークレー校に在籍する科学者がある実験を行いました。Human Reproduction 電子版に2007年3月19日発表された。

実験内容は非喫煙者の健康な男性を対象にした実験結果は、葉酸を多く摂取した男性の精子には染色体異常が少ないという結果でした。

葉酸と精子を紐づけた実験事例は少なく、他の事例もあれば尚よいのですが、子作りに男性側は、働いて経済的サポートくらいしかできない、努力できることがないと言われますが、こういった事例が一つあるだけでも葉酸を飲んで精子の健康管理をしておくというのも努力の一つになるのではないでしょうか。煙草吸っている人は煙草辞めるとかもね。

好評→「葉酸を俺も飲んでる理由は精子の染色体異常を減らす為なんだ」

結婚後、まあ前後するかもですが出産は女性にとっては本当にメインイベントで十月十日大事に大事に体を気遣って、最後人生さいさいの痛みにこらえながら生むわけです。(まあ最近は無痛分娩とかあるけど)

立会出産とかしてほしくない人もいるでしょうが、旦那は出来る限り女性の要望を飲み込むべき。そして、できるだけこの期間中に努力することにより将来文句言われなくなると思います。

ママとの何気ない会話で、うちの旦那が葉酸を飲んで、精子をさー。という会話があったとしましょう。5人中自分の旦那だけ葉酸飲んでない。。。イコール、あまり子供のこととか考えてなかったのか。。。なんてことにもなりかねませんからね。まあ言えばきりがないのですがこの時期は一生懸命仕事も家庭のことも勉強して夫婦で共有する事はとっても大事だし絆を強くするのではないかなと。離婚の原因って出産とか夫が適当すぎたとかもあるから、初出産の時は大袈裟で無くかなり大事だと思うんですよ。

着床を助ける葉酸?不妊治療薬ではないのでこれは嘘?

不妊治療ではなく神経管閉鎖障害の予防の為ですので妊娠前から葉酸を意識する事は大事ですが、これが飛躍して不妊に悩む女性に「着床を助ける」ってのは嘘っていっていいかと。

「着床を直接的に助ける」とか「子宮内膜症」が治る等書いているサイトも見かけるのですが子宮内膜症がなぜ起こるのかという原因はまだよくわかっていないようでして、葉酸を飲めば治るというのは結構な嘘情報かと思われます。葉酸が、着床を助けるのも嘘。

妊娠と葉酸の関係性をみると流産を間接的に助ける役割を果たすは正解かと。葉酸を摂る目的としては染色体異常を減らすという観点もある為です。 染色体異常がある卵子と精子はどちらかが異常をもっている場合「流産」を引き起こすことがわかっています。着床後の流産ですので、葉酸に着床を助ける効果はありませんが流産を間接的に助ける可能性は大いにあるといえるでしょう。

前述したとおり。男性が飲むと健康な精子が増えるかも?という話をしてますが、葉酸飲んでる健康な男子は精子が正常だったよというって話なんで染色体異常をもった精子はそもそもが卵子に辿るつくことが難しく、辿りつたいとしても流産してしまう可能性が高いと考えられている為です。ですから葉酸が着床を助けるという話が広がったのはこれが原因なのではないかと。(間接的には助けるっていってもいいかも・・・?ですかね?)

精子だけじゃないうつ病や育毛にも効果的?

いきなり禿げが治るかっていうのは無理な話ですが葉酸はビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、 B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)の仲間で健康的に髪が成長する為に必要な栄養素という話です。精子云々ではなく体に“いいもの”で育毛は無理なんじゃないかなって思いますがどうなんでしょう。

でも、髪の毛の艶とかには効果ありそうですね。若さを保つのには運動とタンパク質、筋肉で代謝をあげ健康的な体系が必須だと思いますが、髪の毛って外からアプローチする製品が多いですが意外と葉酸が良いなんて数年後騒がれているかもですね。

うつ病は間接的に言えば、リラックスとか実験結果で比較して少なかったという話なので、さっきの染色体異常と同様に効果がある。とも言えそうですが、これは個人的に否定したくなりますね。うつ病はどちらかといえば精神的な面、環境面が大きいと思いますし、そもそもが食事をきちんと取っていないとか不健康な生活をしている結果うつになる。というのが正しいプロセスだと思います。

結果の葉酸の数値だけで精神面が語られていない気がします。母体にいる赤ちゃんは精神面の話ではなく物質的な話なので実験結果としては納得できるのですがこのあたりはまあ正直わかりません。

でもね、結構やってみるって大事。今の科学では証明できていない(前提として安全な物)であれば、将来実は。。。というのは結構あるわけで、癌を治すかもしれない新研結果がとか稀にニュースで見かけますけど、ああいうのって結局一定の科学者からすれば本来無視されていたとか、そこ研究する発想はなかったわとかそういう類の話だと思うので。