妊婦のアルコール摂取はNG!葉酸とお酒の相性も最悪だった

妊婦がお酒を飲んではいけない意外な理由とは?

お酒好きにとってきつい事実ですが妊娠中の飲酒は避けたい事の一つで1滴も飲まないでストレスがたまらないなら少しだけとかでなく飲まないことが推奨されています。

先天性疾患、胎児性アルコール症候群(FAS)を避けるためです。妊娠中の母体がお酒を飲むことで、FASといわれる胎児が生まれることがあるとわかっています。FASは顔面の奇形や脳障害の恐れがあるためで、病気の因果関係はわかってはいるものの、ここまでなら飲んで大丈夫という閾値(しきいち)がはっきりとわかっていないそうです。

1杯くらいなら・・・飲んでも大丈夫というサイトもありますが、少量でもFASで生まれてきた胎児もいる為1滴も飲まないことが唯一100%FASを防ぐ対処法。感覚的にたまにならよさそうな気もするのですが、現在FASの治療法はなく、もし1杯しか飲んでないのに生まれてしまったらというリスクを考えて飲まない事が大事かなと。ノンアルコールドリンクも少量のアルコールが入っていることもあるので最新の注意が必要です。

胎児性アルコール症候群(FAS)の症状とは?

顔が平たい顔つきになることが特徴的で、目(黒目)、鼻、耳が小さく唇が薄い。 成長後、うつ病になるリスクもあるそうです。FASで生まれてくる胎児の確率は日本では0.01%とかなり低い確立ですが赤ちゃんの為には飲酒はさけたいですね。

母乳から赤ちゃんも摂取したアルコールを飲むことになる?

お酒を飲んだ直後やまだ抜けていない段階で母乳を飲ませると母体がお酒を飲むと血液中にアルコールが含まれる為赤ちゃんも間接的にアルコールを摂取しているといえます。

お酒を飲んだ後は、十分に時間をおいてから授乳することが必要で、アルコールをうまく分解する事が出来ずアルコール中毒の状態となった死亡例もあるくらいです。

お酒と葉酸の相性は最悪な犬猿の仲?妊活中も控えるべきか

妊活中で葉酸サプリを摂取している方も、サプリを飲む時はお酒を控えるのが基本です。葉酸はお酒との相性が悪く吸収率がさがるので一緒にとることは推奨されません。妊娠していない女性で妊活中であれば葉酸サプリを飲む時のお酒は控えることが賢明でしょう。

これは男女関係なく言える事ですが毎日お酒を飲む人は葉酸を壊しているしお酒の飲み過ぎは生活習慣病になる確率もあがりますから飲み過ぎはよくないです。

酒豪の方は妊娠出産をデトックス期間という考え方をしてみては?

酒豪の方にとって妊娠は、お酒を飲めなくなることが何よりつらい苦行になるかもしれませんね。煙草を吸っている方とかも。よく出産は最高のデトックスといいますが、妊娠期間中もデトックス期間という側面を持つと考えてみてもいいかもしれません。

お酒の飲み過ぎで、肝臓を酷使していた人が刑務所に1年入り出所してきたらめちゃくちゃ綺麗になっていたなんて話もありますからね。妊娠期間中飲まないことでお酒の友、肝臓という内臓を休めてあげるというのも楽しみの一つ?いや酒豪にとってはつらいですね。。